広島 チーム史上ワースト…開幕から全5カード連続負け越し

[ 2019年4月14日 16:14 ]

セ・リーグ   広島2―4DeNA ( 2019年4月14日    横浜 )

<D・広3>2回無死、左越えソロを放った鈴木(左)を迎える緒方監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 広島は2―4でDeNAに敗れ、チーム史上初となる開幕から全5カード連続の負け越し。借金も最多タイの7にふくらんだ。

 2回に鈴木の左越え6号ソロで先制したものの、先発・九里が4回にロペスに逆転2ランを浴びるなど3失点して降板。7回に1点差に迫り、なおも2死三塁としたが、安部が空振り三振に倒れた。

 結局、打線が振るわず、DeNAの5投手に3安打2得点。敗戦が決まると、緒方監督は厳しい表情でベンチを後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月14日のニュース