日本ハム 宮西、3人斬りで300H達成 栗山監督「感謝」最敬礼

[ 2019年4月14日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3―0ロッテ ( 2019年4月13日    札幌D )

<日・ロ>宮西(右)と勝利のハイタッチを交わす栗山監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・宮西は7回、先頭の中村奨を138キロ直球で中飛に抑えると、続く角中も直球で遊ゴロ。最後はレアードをプロ入り当初から愚直に磨き続けてきた123キロスライダーで一飛に斬り、プロ野球史上初の通算300ホールドに到達、ファンの大歓声を浴びた。角中、レアードは2日連続の対戦。登板前のブルペンで「肘を少し下げて角度をつけよう」とフォームを微調整した。変化球はほぼスライダー一本。この日も引き出しを開けながら工夫して打者を抑えた。栗山監督も「本当に大変なこと。感謝している」と最敬礼だった。

 ▼日本ハム・大田(先制打を含む3安打2打点で今季初の猛打賞)投手から(リズムを)つくって得点できた。(連戦中も早出練習を継続し)そこは大事なところ。しっかり調整して試合に臨めた。

 ▼日本ハム・バーベイト(5回無失点で来日初先発初勝利)ストライク先行で攻めていこうと思っていた。宮西さんもホールド記録を達成し、みんなハッピーな気持ちになれた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月14日のニュース