阪神 2度目の4連敗、球団初満塁2被弾で今季最多借金4

[ 2019年4月14日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―10中日 ( 2019年4月13日    甲子園 )

<神・中>4連敗を喫し、ファンにあいさつをする阪神ナイン(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神は13日、甲子園での中日戦に記録的大敗を喫し、今季2度目の4連敗で借金は今季最多4に膨れあがった。先発の岩貞が京田に、4番手の岩崎が堂上に満塁本塁打を献上。1試合で2本の満塁弾を食らうのは球団史上初の屈辱だった。

 記録的な惨敗で借金は今季最多4に膨れ上がった。先発の岩貞は4回、京田に右翼席へ満塁弾を食らうなど5回を被安打13の6失点と炎上。4番手で登板した岩崎も8回、堂上に左翼席へ満塁弾を放り込まれた。1試合2本の満塁本塁打を献上したのは球団史上初の屈辱。厳しい現実を突きつけられた矢野監督は声を絞り出した。

 「(投手が)あれだけやられちゃうと。打線も追い上げるというところでなかなか苦しい部分はあると思うけど、どっちかだけの責任じゃない。打てないところはピッチャーに対するしわ寄せになっている部分もあるし、ピッチャーは先に点を取られることで野手が追っかけられない。どっちも原因がある」

 序盤の大量失点がすべてだった。被安打17は今季ワースト。10失点もワーストタイだ。今季2度目の4連敗となかなか波に乗りきれない。持ちこたえられない投手陣に依然として低調な打線…。負のサイクルが続けば勝利はおぼつかない。指揮官は「まずホームでやる時はピッチャーが頑張ってくれて、というのが理想になってくる」と注文をつけた。

 4万5699人の観衆が詰めかけた一戦。6回、見逃し三振に倒れた4番・大山には心ないヤジも飛んだ。中日に2本目の満塁弾が飛び出した8回直後に席を立つ観客も目立った。敗戦でも今季から導入する試合後の整列と一礼。スタンドからは温かい拍手とヤジの両方が乱れ飛んだ。

 「頑張って~」「どないなっとんねん?」

 14日は雨模様だが、前売り券は完売している。届いた叱咤激励の声を力に変えたい。 (吉仲 博幸)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月14日のニュース