DeNA筒香、先発外れる 骨には異常なし ラミレス監督「打撲と聞いている」

[ 2019年4月14日 12:17 ]

<D・広>4回1死、死球を受け、負傷退場する筒香(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 前日の試合で右肘に死球を受けて途中交代したDeNA・筒香が、広島戦のスターティングメンバーを外れた。代わってロペスが4番に入った。

 筒香は前日の4回、床田から右肘付近に死球を受けた。この日の試合前、ラミレス監督は「打撲と聞いている」と説明。骨には異常がなく、球場入り後に患部の状態をチェックした上で「その報告を受けてから、(試合で)使うかどうか決めたい」と話していたが、先発は外れる形となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月14日のニュース