エンゼルスがシカゴでカブスに勝利 トラウト離脱も今季1安打のコザートが猛打賞

[ 2019年4月14日 11:16 ]

2回にタイムリーを放ったエンゼルスのコザート(AP)
Photo By AP

 エンゼルスは13日、敵地シカゴでカブスに6―5で競り勝って8勝7敗。10日のブルワーズ戦で右の股関節を痛めた主砲マイク・トラウト(27)は遠征から外れて3試合連続の欠場となったが、今季ここまで33打数1安打だった8番のザック・コザート(33)が2回の2点タイムリーを含めて3安打を放ち、チームはここ8戦で7勝目を挙げた。

 5回に打者1人だけに投げた2番手のタイ・バトレー(26)がメジャー通算23試合目の登板で初勝利。敗れたカブスは5勝9敗となった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月14日のニュース