巨人2位後退 勝利の方程式崩れた…吉川光、バレに痛恨被弾

[ 2019年4月14日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―11ヤクルト ( 2019年4月13日    東京D )

<巨・ヤ>7回2死一、二塁、バレンティンに逆転3ランを浴びた吉川光(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は勝利の方程式の一角である吉川光が、バレンティンに逆転弾を浴びた。先発・ヤングマンから、相手の3~5番打者に4本目の被弾で2位に後退。原監督は「クリーンアップに4本。なかなか状況としては厳しいゲームになりますね」と振り返った。

 4点ビハインドをひっくり返し、5―4で迎えた7回2死一、二塁だった。今季、先発からセットアッパーに抜てきされた吉川光が、バックスクリーンに3ランを被弾。昨年引退した山口鉄の背番号「47」を受け継いだ左腕は「しっかり抑えないといけない。最悪ゴロにしないといけない場面だった」。相手4番に、143キロ直球がやや高く入った。

 一発で再逆転を許すと、中継ぎ陣が一気に失点を重ねた。3月に育成から支配下登録され、プロ初登板を迎えた坂本工が8回に3失点。9回にも大江が1失点して突き放された。原監督は、吉川光に「次につなげることが大事。どこかに本人も反省はあるでしょう。なきゃ困る」と促した。(神田 佑)

 ▼巨人坂本工(3月に育成から支配下登録。プロ初登板で1回3安打3失点)マウンドに上がれたことは良かったけれど2点差のままつなぐことができず悔しい初登板になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月14日のニュース