阪神 西勇輝の投打にわたる活躍で連敗が4でストップ 投げては7回2失点、打っては2点タイムリー

[ 2019年4月14日 17:09 ]

セ・リーグ   阪神5―2中日 ( 2019年4月14日    甲子園 )

<神・中>力投する西(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 阪神がオリックスからFA移籍で加入した西の投打にわたる活躍で中日に5―2と逆転勝ちを収め、連敗を4で止めた。前日3年ぶりの貯金生活に入ったばかりだった中日の連勝は3で止まり、勝率5割に逆戻り。

 阪神は0―1で迎えた4回、先頭・糸井の左中間二塁打を足場にした1死二塁から福留の右前適時打で同点。さらに1死一、二塁から梅野の中前適時打で勝ち越すと、木浪も右前適時打で続いて3―1。さらに続く投手の西もスクイズ失敗の後で左前へ2点適時打を放って中日先発・吉見をKOした。

 プロ11年目で初打点をマークした西は本職の投手でも7回で89球を投げ、8安打を打たれながらも2失点。今季2勝目(1敗)をマークした。

 中日は2回、右前打で出塁した先頭・高橋が二盗成功と犠打で三進した1死三塁から加藤の中前適時打で先制したが、先発投手の吉見が4回途中で5失点KO。1―5で迎えた7回に2死一塁から京田の右中間二塁打で1点を返したが、そこまでだった。

 

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月14日のニュース