ロッテ 今季2度目の3連敗、貧打に指揮官「組み替えも」

[ 2019年4月14日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ0―3日本ハム ( 2019年4月13日    札幌D )

<日・ロ>日本ハムに敗れ、厳しい表情のロッテ・井口監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ロッテは今季2度目の3連敗で借金は最多の5に膨らんだ。4安打1四球で塁に出たのは5回あったが、少ないチャンスも3つの併殺でつぶした。「(打線が)沈んでしまっている」と井口監督。打率・455と好調の荻野に代え、今季まだ無安打の岡を1番に抜てきし、連敗脱出を狙ったが、4打数無安打で通算18打数無安打。指揮官は「打線の組み替えも考える」と冷え込む打線に頭を抱えていた。

 ▼ロッテ・ボルシンガー(左脇腹痛から復帰し、5回3安打2失点)しっかりした投球ができた。ただ、あの1球が悔やまれる。大田に投げた1球(3回2死二、三塁の中前2点打)がね。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月14日のニュース