西武 源田が右手首死球、連続フルイニング出場記録暗雲

[ 2019年4月14日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3―10オリックス ( 2019年4月13日    メットライフD )

<西・オ>5回1死、死球を受けた源田=右(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・源田が5回の打席で右手首に死球を受けた。最後までプレーしたが、試合後に「痛みは多少ある。調べてみないと分からない」と病院で検査。辻監督は「(検査の理由は)万が一のこともあるから」と説明。源田は昨季セ・パ両リーグで史上初めて新人から2年連続で全試合フルイニング出場。今季も開幕から13試合連続でフルイニング出場しており記録継続へ暗雲が漂った。

 ▼西武・今井(5回2/3を投げ、初回の4四球を含む6四球で7失点)捕手のミットではなく、打者を見てしまった。同じ失敗を繰り返して成長していない。初回が全て。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月14日のニュース