DeNA・ロペス 第2打席に逆転2号2ラン「逆転できてうれしい」

[ 2019年4月14日 14:11 ]

セ・リーグ   DeNA―広島 ( 2019年4月14日    横浜 )

<D・広3>4回1死二塁、左越え2ランを放つロペス(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAのホセ・ロペス内野手(35)が14日の広島戦(横浜)に「4番・一塁」で先発出場。4回の第2打席で逆転の左越え2点本塁打を放った。

 1点を追う4回1死二塁。広島の先発・九里の真ん中低めの変化球をすくい上げた打球は高々と舞い上がり、左翼席に吸い込まれた。

 10日の阪神戦(甲子園)以来の一発となる今季2号アーチに、ロペスは「打ったのはフォーシームかフォークです。負けている展開だったので、まずは逆転できてうれしいです。引き続き頑張ります」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月14日のニュース