法大 完封リレーで白星発進 金光監督代行「いい形でスタート切れた」

[ 2019年4月14日 05:30 ]

東京六大学野球春季リーグ戦1回戦   法大7―0東大 ( 2019年4月13日    神宮 )

<法大・東大>ベンチから指示を出す金光監督代行(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 法大は金光興二監督代行が開幕戦を白星で飾った。「今日まで選手は難しい状況だったと思うが、皆で戦うんだという姿勢は十分出ていた」。東大を3投手で2安打完封リレーし、胸をなで下ろした。

 同大は3月29日に青木久典監督の部員への暴力を認定し、03~13年に指揮を執った金光副部長が監督代行を務めると発表。福田主将らは「正直このタイミングで…」と戸惑うも「グラウンドに出るのは選手。いい形でスタートが切れた」とホッとしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月14日のニュース