ロッテ・種市 プロ初ホールド「いい経験になりました」

[ 2019年4月14日 19:02 ]

パ・リーグ   ロッテ1―3日本ハム ( 2019年4月14日    札幌D )

<日・ロ>6回に登板した種市(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ロッテの3年目・種市は1―0の6回から2番手で登板し、1回1安打無失点。プロ初ホールドを挙げた。

 「いつもビハインドの場面だったので、緊張したけど、いい経験になりました」

 リードした場面では初登板もあり、安打と四球で1死一、二塁とされたが、王柏融(ワン・ボーロン)は中飛、横尾は右飛で切り抜けた。

 昨季は7試合に先発し、0勝4敗だったが、球威を買われ、今季はロングもこなせるリリーフとして起用されている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月14日のニュース