筒香 右肘死球で病院直行 最悪事態回避も詳細14日判明

[ 2019年4月14日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA1―6広島 ( 2019年4月13日    横浜 )

<D・広>4回1死、死球を受ける筒香(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 ハマスタが騒然となった。4回1死、DeNA・筒香が床田の初球を右肘に受けた。一塁に歩きかけたが、うずくまって苦悶(くもん)の表情。ベンチに治療に下がるとそのまま代走を送られ、試合中に横浜市内の病院に向かった。青山ヘッドコーチは「エックス線では骨折はない」と最悪の事態は避けたことを明かしたが「抹消かも含め、詳しいことは明日にならないと分からない」と説明した。

 今季全14試合で4番に座り、打率・358、4本塁打、13打点と打線をけん引。青山コーチも「筒香が引っ張っているチーム。打撲くらいで済めばいいが…」と表情を曇らせた。この日は神里の先頭打者本塁打の1点に終わり、連勝は3でストップ。主砲の軽症を願うしかない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月14日のニュース