広島・鈴木 7試合ぶり一発「積極的に打ちにいった」

[ 2019年4月14日 13:37 ]

セ・リーグ   広島―DeNA ( 2019年4月14日    横浜 )

<D・広3>2回無死 先制左越えソロを放つ鈴木(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 広島・鈴木誠也外野手(24)が14日のDeNA戦(横浜)に「4番・右翼」で先発。2回の第1打席で、先制の左越え6号ソロ本塁打を放った。

 両軍無得点で迎えた2回無死。DeNAの先発右腕・井納の1ボールからの2球目、真ん中に入ってくる変化球をフルスイング。打球は、左翼席中段に突き刺さった。

 6日の阪神戦(マツダ)で2本塁打して以来7試合ぶりの一発に、鈴木は「打ったのはスライダー。積極的に打ちにいきました。先制点になってよかったです」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月14日のニュース