DeNA 3カード連続の勝ち越し、広島は借金7

[ 2019年4月14日 15:54 ]

セ・リーグ   DeNA4―2広島 ( 2019年4月14日    横浜 )

<D・広3>4回1死二塁 左越え逆転2ランを放つロペス(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 DeNAはロペスの逆転2ランなどで接戦を制して3カード連続の勝ち越しを決めた。広島は今季最多タイの借金7となった。

 DeNAは1点を追う4回1死二塁からロペスの左越え2号2ランで逆転し、さらに2死一、二塁から嶺井の左前適時打で加点した。

 投げては先発・井納が7回途中まで2安打2失点(自責は1点)と粘りの投球。終盤は小刻みな継投で逃げ切った。

 広島は2回無死から鈴木の左越え6号ソロで先制したが、先発の九里が4回につかまり、今季初の連勝はならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月14日のニュース