巨人 クリーンアップそろい踏み弾も連日の投壊に「これは異常」

[ 2019年4月14日 20:19 ]

セ・リーグ   巨人6―11ヤクルト ( 2019年4月14日    東京D )

<巨・ヤ>6回、浮かない表情の原監督(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 巨人は今季初めてクリーンアップそろい踏みで本塁打したが、投手陣が2試合連続で2桁失点。2連敗でヤクルトとの同カードを負け越し、3位に後退した。

 原監督は3回6失点だった先発・畠について「癖が出てる。その辺は私たちの責任でもあるし、本人もそこは自覚しないと。“真っすぐいきますよー”と放ってたら、そうそう抑えられない。150キロでもね。本人が一番、自分を守るという部分においてはやらなければいけないところ」と指摘した。

 また中継ぎ陣も2日連続で大量失点。この日は計5失点で「これだけヒットも点数もという部分は、普通じゃないわけだから。これは異常なんだからね。その部分を次は普通にしないといけない」と促した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月14日のニュース