山田23歳11カ月で100号 掛布に並ぶ史上8位年少達成

[ 2016年7月11日 07:35 ]

<ヤ・中>7回無死一塁、山田が左中間に通算100号となる2ランホームランを放ち、つば九郎から花束を受け取る

セ・リーグ ヤクルト8-3中日

(7月10日 神宮)
 山田(ヤ)が中日戦の7回に岡田から今季29号2ランを放ち通算100本塁打を達成した。プロ野球277人目。初本塁打は12年8月10日の巨人戦で内海から。23歳11カ月での100号は79年掛布(神)に並ぶ史上8位の年少達成で、チームでは90年池山の24歳7カ月を更新する最年少記録になった。

 また、到達試合数は492。日本人に限ると87年秋山(西)の351試合を筆頭に18位のスピードだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月11日のニュース