レアード シーズン2度のサヨナラ弾はハム助っ人初

[ 2016年7月11日 07:34 ]

<日・ロ>延長12回無死、レアード(5)は左越えにサヨナラ弾を放ち、大谷(左から2人目)ら歓喜の輪の中に飛び込む

パ・リーグ 日本ハム6-5ロッテ

(7月10日 札幌D)
 日本ハムが連勝を14に伸ばし、07年にマークした球団最多記録に並んだ。シーズン14連勝以上は延べ16チーム目だが、00年以降は他に05年ソフトバンクの15連勝があるだけ。2度記録したのは日本ハムが初めてになる。

 この日はレアードが延長12回にサヨナラ本塁打。自身サヨナラ弾は昨年9月22日ソフトバンク戦、今季6月10日阪神戦に次いで通算3本目。シーズン2本のサヨナラ本塁打は95年田中幸雄以来21年ぶり。チームの外国人では初めてだ。連勝期間中のレアードは勝利打点が最多の4度。うち1点差試合では3試合全てレアードがV打をマークしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月11日のニュース