【西東京】春都大会で金星の都昭和 決勝VS早実希望

[ 2016年7月11日 05:30 ]

第98回全国高校野球選手権・西東京大会2回戦 都昭和13―0東学大国際中教校

(7月10日 ネッツ多摩昭島)
 今春都大会で早実を破る金星を挙げた公立校・都昭和は、東学大国際中教校相手に13―0の5回コールド発進。早実戦では勝利投手となった田舎は「2番・中堅」で1安打。都大会後に左肩を痛めて一時は外野に転向したが、今大会前に投手へ復帰。この日は登板機会がなかったが「また(早実と)対戦して勝ちたい」と意気込んだ。森勇二監督は「謙虚な姿勢を忘れず戦いたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月11日のニュース