吉見「情けない」6失点 痛っナニータ負傷交代…自力V消滅危機

[ 2016年7月11日 08:26 ]

<ヤ・中>2回1死一、二塁、今浪に右越え先制3ランを浴び険しい表情を見せる吉見(左)

セ・リーグ 中日3-8ヤクルト

(7月10日 神宮)
 中日・吉見が5回6失点と崩れ、3敗目。「情けないですね…。粘れていない。勝負どころで甘い」。2回1死一、二塁で今浪に先制被弾。5回2死一塁からは山田らに3者連続適時二塁打を浴びた。

 5回の守備では山田の飛球に飛びついた左翼手ナニータが負傷交代。担架で運ばれて救急車で直行した都内病院で「右側胸部の打撲」と診断された。11日のDeNA戦(横浜)出場は微妙。借金5へ後退し、11日に敗れれば自力優勝の可能性が消滅する危機を迎えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月11日のニュース