【静岡】沼津東 開幕戦で9回逆転勝ち

[ 2016年7月11日 16:27 ]

<沼津東・聖隷クリストファー>勝利の瞬間、笑顔でガッツポーズの沼津東3番手・高橋

第98回全国高校野球選手権静岡大会1回戦 沼津東6-4聖隷クリストファー

(7月10日 草薙)
 雨のため1日遅れで開幕した静岡大会の一番星に沼津東が輝いた。聖隷クリストファーとの開幕試合は1点を追う9回、3番・宮川和也一塁手(3年)の左前適時打で追いつき、敵失で勝ち越し。さらにスクイズで点差を広げると、最後は3番手の高橋良輔中堅手(3年)への継投で締めた。

 大会は5日間の休みを経て、16日(1回戦23試合)に10球場で再開する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月11日のニュース