ファンからは賛否の声 東京五輪中のプロ野球中断 代替案は「なんぼでもある」

[ 2016年7月11日 19:42 ]

 オーナー会議で2020年東京五輪期間中に公式戦を中断する方針が11日に確認されたことを受け、プロ野球ファンからは反対や歓迎する意見など、さまざまな声が聞かれた。

 大阪市の京セラドーム大阪で行われたオリックス―日本ハムを観戦に訪れた大阪市の会社員福井英昭さん(45)は「全部を中断しなくてもいいと思う。東京近郊は仕方ないけど」と反対派だ。「交流戦や球宴の前後に少し中断するだけでも寂しいのに。地方球場を使うとか(代替案は)なんぼでもある。松山とか新潟とか、いい球場はたくさんあるし」と話した。

 一方、札幌市の看護師佐藤由佳子さん(44)は「スポーツ観戦が大好きなので五輪は絶対見る。野球もどっちも見たいので構わない」と中断を歓迎。「まずは五輪に集中して、その後プロ野球に戻ればいい。毎年オフが寂しいので(シーズン終了が)ずれ込んでも、むしろありがたい」と語った。

 横浜市の横浜スタジアムではDeNAファンの藤沢亮さん(41)が「夏はビールを飲みながら応援するのが楽しみ。(中断は)残念だけど、しょうがない。(野球が追加種目に決まり)プロ野球選手が出るのなら、応援する」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月11日のニュース