抑え代役の上原 初2戦連続S チーム2位浮上

[ 2016年7月11日 05:30 ]

2戦連続セーブを挙げた上原(AP)

ア・リーグ レッドソックス4―1レイズ

(7月9日 ボストン)
 レッドソックスの上原が今季初の2試合連続セーブを挙げた。4―1の9回に登板し、先頭に安打されたものの後続を抑えた。連投で4セーブ目を挙げ、3連勝のチームは地区2位に再浮上した。

 抑えのキンブレルは左膝内側半月板の軟骨修復手術を11日(日本時間12日)に受ける予定で、復帰まで3~6週間かかる見込み。上原と新加入のジーグラーが抑えに回るが、ジョン・ファレル監督は「コウジ(上原)が我々の抑えだ。登板できない時はジーグラーの番になる」とし、41歳のベテラン右腕に首位浮上を託す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月11日のニュース