イチ、代打で死球…あと10変わらず、3000安打は球宴明けに

[ 2016年7月11日 05:15 ]

レッズ戦の7回、代打で出場し、死球を受けて倒れこむマーリンズのイチロー

 米大リーグ、マーリンズのイチローは10日(日本時間11日)、マイアミで行われたレッズ戦の7回に代打で出場し、死球でメジャー通算3000安打まで、あと10で変わらなかった。マーリンズは7―3で勝ち、3連勝を飾った。

 イチローは4点リードの7回無死一塁の場面で登場。初球見逃しストライク、2球目をファウルして2ストライクと追い込まれたが、3球目が左膝に当たる死球となった。守備にはつかず、1打席のみで終わった。

 4日(同5日)のメッツ戦で代打で右中間二塁打を放ち、3000安打まであと10としたイチローだが、その後は先発出場が1度もなく、この日を含め3試合に代打で出場しているが足踏みは続いており、記録達成は球宴明けまでお預けとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月11日のニュース