細川“良妻弾”リードにも好影響「自分も楽になった」

[ 2016年7月11日 05:30 ]

<ソ・楽>5回無死、左中間越え本塁打を放った細川

パ・リーグ ソフトバンク6-2楽天

(7月10日 ヤフオクD)
 先発マスクをかぶったソフトバンクの細川が2年ぶりに本塁打を放つなど2安打2打点の活躍で大隣の今季初勝利を援護した。

 2回1死二塁で左越えに適時打を放って今季初打点をマーク。5回に1点差に詰め寄られたが、その裏に先頭打者として点差を広げる貴重な左越え1号ソロを放った。「自分も楽になった。1点はオーケーの配球ができた」とリードにも好影響をもたらした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月11日のニュース