【埼玉】早大本庄 コールドで5年ぶり1勝

[ 2016年7月11日 05:30 ]

<早大本庄・浦和商>ベンチで選手を迎え入れる早大本庄・押尾(左)

第98回全国高校野球選手権・埼玉大会1回戦 早大本庄10―0浦和商

(7月10日 熊谷公園)
 早大本庄が10―0の5回コールドで浦和商を下して、5年ぶりの初戦突破。背番号16でヤクルト・押尾健一戦略コーチ兼スコアラーの次男・雄輝は出場機会がなかったものの、チームは6番・原田が2本の二塁打で4打点を挙げるなど打線がつながった。

 12日の2回戦、県川口戦へ原田は「自分の力を過信せずにつなぐバッターでありたい」と謙虚に語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月11日のニュース