【西東京】中大杉並 沢野父子鷹で8―1快勝

[ 2016年7月11日 05:30 ]

<中大杉並・帝京八王子>初戦を突破し、中大杉並・沢野雄治監督(左)と握手する長男で主将の雄哉

第98回全国高校野球選手権・西東京大会2回戦 中大杉並8―1帝京八王子

(7月10日 ダイワ八王子)
 中大杉並の沢野雄治監督の長男で主将の雄哉が「4番・捕手」で出場し、帝京八王子を下した。打っては4打数3安打1四球。捕手としても吉田圭を1失点完投に導き「主将として出塁してチームを勢いづけようと思った」。

 父にはチーム内で最も厳しく叱られ、負けた日は家で別々に食事をすることもあったという。雄哉は「2年半お互いに苦しかったので、最後は監督さんに良い思いをさせてあげたい」と父子鷹で甲子園を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月11日のニュース