【沖縄】“波乱”4強決定 どこがVでも初

[ 2016年7月11日 05:30 ]

第98回全国高校野球選手権・沖縄大会準々決勝 嘉手納2―1八重山商工

(7月10日)
 嘉手納が八重山商工を延長11回の末に2―1で下し、初の4強入りを果たした。

 9日の3回戦で前年代表の興南を撃破した勢いそのままにエース仲地が連投。1点リードの8回に同点とされたが「ピンチで交代したら他の投手がきつい。最後まで投げる」と志願の続投した。粘り強い投球で11回の勝ち越しを呼び込み、11回完投を果たした。大会はこの日で4強が決定。常連校が姿を消し、どこが勝っても初優勝となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月11日のニュース