バスケ男子のフランス代表が困惑 医療担当のスタッフらが濃厚接触でチームを離脱

[ 2021年7月24日 13:26 ]

開会式で入場行進を行うフランス選手団(AP)
Photo By AP

 フランスの男子バスケットボール代表に同行している医療担当を含む複数のスタッフが、新型コロナウイルス感染者への濃厚接触者に認定され、19日以降、選手とは接触できずに自主隔離を続けていることが明らかになった。

 フランスの五輪委員会が公表したもので、来日するために搭乗した機内で、検査に陽性反応者が出たことが原因。チームから離脱しているスタッフの数は明らかにされていないが、ここまでの検査では全員、陰性を示しているという。

 予選A組に入っているフランスは25日の初戦で大会4連覇を狙う米国と対戦。28日にチェコ、31日にイランと顔を合わせることになっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月24日のニュース