石井・村上組が不戦勝、対戦ペアが新型コロナ陽性で棄権 ビーチバレー 

[ 2021年7月24日 10:29 ]

東京五輪第2日 ビーチバレー女子 ( 2021年7月24日    潮風公園 )

 1次リーグがスタートし、女子F組の石井美樹(荒井商事/湘南ベルマーレ)村上めぐみ(オーイング)組は、対戦相手だったスルコバ、ヘルマンノバ組(チェコ)が新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことで棄権したため、不戦勝となった。今後は26日にドイツのペアと対戦する。

 ビーチバレーは24チームが参加し、6組に分けられる1次リーグで総当たり戦を実施。決勝トーナメントには16チームが進出する。新型コロナ陽性で試合出場不可となった場合はセットカウント0―2の不戦敗で、対戦相手は勝ち点2を手にする。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月24日のニュース