64年大会で「金」の三宅義信氏ら 開会式冒頭で日の丸運んだ

[ 2021年7月24日 05:30 ]

東京五輪 開会式 ( 2021年7月23日    国立競技場 )

国旗を手に入場する高橋尚子さん(手前右)と三宅義信氏(同左)(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 64年東京五輪の男子重量挙げで金メダルを獲得した三宅義信氏ら6人が、開会式の冒頭で国旗を運んだ。

 三宅氏の他には、00年シドニー大会の女子マラソンで金メダルを獲得した高橋尚子さん、20年冬季ユース五輪の日本選手団主将を務めたカーリング女子の田畑百葉や救急隊員ら。また、式の後半ではバドミントン男子の桃田賢斗(NTT東日本)らが五輪旗を手に入場した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月24日のニュース