池江璃花子、力泳も「悔しい気持ち強い」 女子400メートルリレー予選突破逃す 白血病乗り越え五輪舞台

[ 2021年7月24日 21:11 ]

東京五輪第2日・競泳女子400メートルリレー予選 ( 2021年7月24日    東京アクアティクスセンター )

<競泳 女子4×100メートル自由形リレー予選>泳ぎ終えた池江璃花子(左)は笑顔を見せる(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 競泳日本代表の池江璃花子(21=ルネサンス)が24日の女子400メートルリレー予選に出場。白血病から復帰して挑む2度目の五輪の初戦に臨んだ。

 予選2組の第2コースの日本は、五十嵐千尋、池江、酒井夏海、大本里佳の順番で臨んだ。五十嵐が4位で池江につなぐと、池江は第2泳者として、53秒台の泳ぎでつなぎ、酒井、大本が粘ったが、この組5位の3分36秒20で、全体9位で決勝進出はならなかった。3分36秒17の日本記録に0秒03及ばなかった。

 池江は「隣といい勝負をしてきていたので、いい流れでつなぎたかったですけど、最後離されてしまったのが悔しかった。今回目標にしていた予選から日本記録というのも達成できず、すごく悔しい」と池江。「この舞台で、このメンバーで戦えて、楽しかったと言えば、楽しかったですし。ただ、悔しい気持ちも、ものすごく強いので。まだレースも残ってますし、それに向けて気持ちを切り替えて頑張りたいと思います」と前を見据えた。

 出場枠が空いている個人種目にエントリーする選択肢のある中で「まだ何レースも泳げる体力がついていない。任されたリレーをまっとうしたい」とリレーに専念。4月の日本選手権の100メートル自由形を制し、エースが集う1泳候補だったが、体重が戻らずスタートが出遅れるため、2泳を志願した。

 19年2月に白血病を告白し、闘病を開始。当初の退院予定は19年8月だったが、化学療法による治療中に合併症を併発したため、造血幹細胞移植を行い退院は12月に延びた。化学療法なら一般的に退院後も数年間は通院で抗がん剤治療を受けるため、五輪には間に合っていない。大会の1年延期も重なり、レース復帰から1年足らずで出場権を手にし「これが自分の運命。東京五輪に出ることは必然だったかもしれない」と捉えていた。

 女子400メートルリレーのほか、女子400メートルメドレーリレーに出場予定。混合400メートルリレーに出場する可能性もある。

 【池江の五輪出場まで】
 ▼16年8月 リオデジャネイロ五輪で自由形、バタフライ、リレーの計7種目に出場。100メートルバタフライで5位入賞。
 ▼19年2月12日 白血病を公表。
 ▼4月8日 日大へ入学。
 ▼9月6日 日本学生選手権を観戦。白血病公表後、初めて公の場に現れる。
 ▼12月17日 退院し、24年パリ五輪を目指す意向を表明。
 ▼20年3月17日 406日ぶりにプールに入る。
 ▼7月2日 白血病公表後、初めて報道陣に練習を公開。
 ▼7月23日 東京五輪開幕の1年前セレモニーに出演。
 ▼8月29日 東京都特別水泳大会の50メートル自由形に出場し、594日ぶりにレース復帰。
 ▼21年4月3~10日 日本選手権で50メートル、100メートルの自由形、50メートル、100メートルバタフライの4冠。100メートル自由形と100メートルバタフライでリレー種目の派遣標準記録を突破し、東京五輪出場が内定。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月24日のニュース