アーチェリー女子ROC選手が競技中に熱中症 監督「こんなことは初めて。湿度が影響した」

[ 2021年7月24日 05:30 ]

東京五輪第1日 アーチェリー女子ランキングラウンド ( 2021年7月23日    東京・夢の島公園アーチェリー場 )

 アーチェリー女子のランキングラウンドに出場したスベトラナ・ゴムボエワ(ROC)が競技終了後に意識を失い、倒れ込んだ。猛暑による熱中症とみられる。医療スタッフやコーチらの介抱を受けてすぐに意識を取り戻したが、担架で運ばれた。

 ポポフ監督は「こんなことは初めて。湿度が影響した」と語った。ゴムボエワは自身のインスタグラムで、「私はプレーできます」とつづった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月24日のニュース