石川佳純 五輪選手宣誓から一夜明け「一生忘れられない一日に」 山県とのツーショットも公開

[ 2021年7月24日 12:43 ]

東京五輪 開会式 ( 2021年7月23日    国立競技場 )

開会式で選手宣誓する主将の山県(中央左)と副主将の石川(同右)
Photo By 共同

 東京五輪開会式で選手宣誓をした日本選手団副主将の卓球女子・石川佳純(28=全農)が24日、自身のインスタグラムを更新。大役を終えた心境をつづった。

 主将の陸上男子短距離・山県亮太(29=セイコー)とともに宣誓。「昨日は一生忘れられない一日になりました。7歳で卓球を始めた頃には、夢の夢にも想像出来ませんでした」とつづり、「沢山の支えがあってこの舞台に立てます。感謝です。シングルス初戦は7/26、16:30~です。全力でプレーします!!」と意気込み。ともに宣誓した山県とのツーショットも公開した。

 フォロワーからは「私達にも一生忘れられない一日になりました」「感動しました。大役お疲れ様でした」「初戦、頑張ってください」などと続々と投稿された。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月24日のニュース