ラグビー7人制南ア代表 濃厚接触者選手5人は選手村に入村せず

[ 2021年7月24日 05:30 ]

選手村の居住棟
Photo By スポニチ

 ラグビー7人制の南アフリカ代表は23日、事前合宿地の鹿児島から東京に移動したが、新型コロナウイルスの濃厚接触者の選手5人は選手村に入村しないことになった。別のホテルに滞在し、練習は一緒に行う。

 デゼル・アシスタントコーチは「到着後から(コロナに)対応してきたが簡単ではなかった」と語った。南アはパウエル監督の感染が確認され、5選手を含む10人が濃厚接触者と判定されていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月24日のニュース