柔道男子60キロ級の高藤 金メダル獲得に祝福続々! 鷲見アナ「本当によかった。泣いてしまう」

[ 2021年7月24日 20:12 ]

<柔道男子60キロ級決勝>金メダルを獲得し涙する高藤(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 柔道男子60キロ級の高藤直寿(28、パーク24)が、同級決勝で台湾選手の楊勇緯を破り、金メダルを獲得した。軽量級では、2004年アテネ五輪で野村忠宏が金メダルを獲得して以来、日本勢では4大会ぶりの頂点となった。

 金メダル第1号に芸能界から祝福の声が続々。ツイッターには興奮の声があふれた。

 フリーの鷲見玲奈アナウンサー(31)は「金メダル!!!!おめでとうございます!!本当によかった。素晴らしいインタビュー。泣いてしまう」と感動の様子。

 タレントのつるの剛士(46)は「金金金金金金メダル。高藤選手今大会初の金メダル獲得。おめでとうございます!楊選手も素晴らしかった」と涙の絵文字とともにつづった。

 フェンシングの2大会連続五輪銀メダリストで、国際フェンシング連盟副会長の太田雄貴氏(35)は「うおおお!!おめでとうございます」と興奮冷めやらぬ様子で記した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月24日のニュース