テコンドー女子49キロ級 山田美諭は3位決定戦で敗れる 2000年岡本依子以来のメダルならず

[ 2021年7月24日 21:12 ]

東京五輪第2日 テコンドー女子49キロ級3位決定戦 ( 2021年7月24日    幕張メッセ )

<女子テコンドー 49キロ級3位決定戦>激しく蹴りで攻め合う山田美諭(右)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 テコンドー女子49キロ級の山田美諭(27=城北信用金庫)は3位決定戦でティヤナ・ボグダノビッチ(セルビア)に敗れ、銅メダル獲得はならなかった。勝てば日本選手では2000年のシドニー五輪、女子67キロ級で銅メダルを獲得した岡本依子以来のメダルだった。

 山田は第1ラウンドを5-5で譲らなかったが、第2ラウンドに相手に3ポイント許し、第3ラウンドには頭部や胴への蹴り技を受けて、ポイントを連取された。最後は6-20という大差がつく決着となった。

 ただ、ここまでの勝ち上がりは健闘した。初戦となった2回戦は台湾の蘇栢亜と対戦。劣勢で迎えた最終第3ラウンドに得意の左脚で得点を重ね、残り40秒で逆転し、10-9の1点差で逃げ切った。準々決勝は2017、19年世界選手権46キロ級覇者のシム・ジェヨン(韓国)に16―7で快勝した。準決勝では世界ランキング1位のパニパク・ウォンパタナキト(タイ)に12-34で敗れたものの、持ち味を発揮する場面も多かった。

 山田は全日本選手権5連覇と国内無双だった15年、翌年のリオ五輪代表を決める最終予選会の試合中に右膝靱帯断裂の大けがを負った。引退も脳裏をよぎる中、周囲の支えでリハビリを耐え抜き16年12月に復帰。17年1月の全日本選手権を制して復活を遂げた。

 18年ジャカルタ・アジア大会で銅メダルを獲得。19年6月のローマ・ワールドグランプリでも銅メダルを獲得した。メダルはならなかったが、五輪でも力は十分に見せつけた。

 ◇山田 美諭(やまだ・みゆ)1993年(平5)12月13日生まれ、愛知県出身の27歳。女子49キロ級。愛知・聖霊高、大東大。城北信用金庫所属。全日本選手権で17年から3連覇を達成。18年のジャカルタ・アジア大会では銅メダルを獲得した。1メートル67、53キロ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月24日のニュース