佐藤翔馬 男子100平予選7組8位、全体23位で予選落ち 武良は予選6組4位、全体11位で準決へ

[ 2021年7月24日 21:02 ]

東京五輪 第2日 競泳男子100メートル平泳ぎ予選 ( 2021年7月24日    東京アクアティクスセンター )

競泳・佐藤翔馬
Photo By スポニチ

 競泳日本代表の佐藤翔馬(20=東京SC)が24日の男子100メートル平泳ぎ予選に出場。予選7組の第7コースで、1分00秒04でこの組8位。また、武良竜也(25=ミキハウス)は予選6組の第8コースで自己ベストを0秒1更新する59秒40で4位だった。

 佐藤は全体23番目で予選落ち、武良は全体11番目で準決勝に進んだ。

 ◆佐藤 翔馬(さとう・しょうま)2001年(平13)2月8日生まれ、東京都港区出身の20歳。生後半年から「スパ白金」のベビースイミングに通い水泳を始めた。小学校から慶応一筋で現在は慶大商学部3年。20年1月の北島康介杯で2分7秒58の好タイムで優勝して注目を集めた。今回が初の日本代表入り。少年野球チーム「オール麻布」ではプロ野球日本ハムの清宮幸太郎の1学年後輩。好きな食べ物はタピオカ、牛タン。1メートル77、74キロ。

 ◆武良 竜也(むら・りゅうや)1996年(平8)7月3日生まれ、鳥取県出身の25歳。17年ユニバーシアード夏季大会代表。鳥取・米子北高、日体大出、BWS。1メートル73、68キロ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月24日のニュース