自転車男子ロードの選手が直前検査で陽性 ドイツのゲシュケが無念の欠場

[ 2021年7月24日 09:36 ]

コロナの検査で陽性反応を示して五輪に出場できなくなったドイツのゲシュケ(右端=AP)
Photo By AP

 24日に行われる自転車の男子ロード(武蔵野の森公園~富士スピードウェイ=244キロ)に出場する予定だったドイツのシモン・ゲシュケ(35)が、レース前日となった23日に受けた新型コロナウイルスの検査で陽性反応を2度示し、競技に出場できなくなった。AP通信が報じているもので、五輪初出場だった本人は「体は大丈夫だが気持ちは最悪だ」とショックを隠せなかった。

 ドイツ・チームは選手村ではなくホテルに滞在中。ゲシュケのルームメートでもあるエマニュエル・ブフマン(28)は深夜に検査を受けることになり、その結果を待っていると伝えられている。

 ゲシュケは山岳コースを得意にしている選手でポーランドに本拠を置くCCCチームの所属。2015年のツール・ド・フランスではステージ優勝(第17ステージ)を飾っている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月24日のニュース