柔道先陣!男子60キロ級・高藤&女子48キロ級・渡名喜にメダルの期待大

[ 2021年7月24日 06:00 ]

柔道男子60キロ級・高藤直寿
Photo By スポニチ

 【第2日見どころ】本格的に競技が始まり、日本勢は今大会最初のメダルが夏、冬を通じて通算500個目。柔道で先陣を切る男子60キロ級の高藤直寿、女子48キロ級の渡名喜風南(ともにパーク24)、重量挙げ女子で3大会連続メダルを狙う49キロ級の三宅宏実(いちご)らに期待が懸かる。日本勢2連覇が懸かるバドミントン女子ダブルスでは第1シードの福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)らが初戦。体操男子では種目別鉄棒に専念する内村航平(ジョイカル)らが予選に出場する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月24日のニュース