JOC山下会長も日本武道館に来場 柔道競技始まる

[ 2021年7月24日 10:25 ]

東京五輪第2日 柔道男子60キロ級・女子48キロ級 ( 2021年7月24日    日本武道館 )

JOCの山下泰裕会長
Photo By スポニチ

 東京五輪の競技が本格的に始まる24日、64年の東京五輪で初めて実施された柔道も競技初日を迎えた。男子60キロ級には高藤直寿、女子48キロ級の渡名喜風南(ともにパーク24)が登場。04年アテネ五輪の野村忠宏、谷亮子以来のアベックVを目指す。

 試合開始前には、日本オリンピック委員会(JOC)会長で全日本柔道連盟の山下泰裕会長も来場。前回の東京五輪が開催されたのは山下会長が7歳の時。武道の聖地で57年ぶりに五輪柔道が開催されることに感慨深げな表情を浮かべ、男子の井上康生監督、女子の増地克之監督らにはねぎらいの声を掛けていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月24日のニュース