×

「M―1グランプリ」発表会見 昨年覇者「錦鯉」長谷川は「今年ゴールインしたい」と結婚宣言

[ 2022年6月29日 23:01 ]

M-1グランプリの開催会見に出席した(前列左から)オズワルド、錦鯉、モグライダー、インディアンス(後列左から)司会を務めた朝日放送のヒロド歩美アナウンサーと麒麟の川島明、マユリカ、男性ブランコ、真空ジェシカ、コウテイ、ヨネダ2000(C)M-1グランプリ事務局
Photo By 提供写真

 漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」の開催発表会見が29日、都内で開かれた。昨年優勝した錦鯉のほか、昨年決勝進出したインディアンス、オズワルドらが登場。今年も優勝賞金1000万円をかけた熱戦が繰り広げられる。

 錦鯉は登場するなり、長谷川雅紀が「こーんにーちわー!」とあいさつをし、渡辺隆が「うるせーなー」と長谷川の頭をペシッとたたくおなじみのネタを見せた。昨年12月の優勝から半年たち、長谷川は「あっという間という言葉がふさわしい」と振り返った。多忙かつおじさんのため、常に体調を周囲に心配されているそうで、渡辺は「なんなら忙しくてお酒の量が減ったので、血圧の薬がちょっと軽くなりました」と前向きに報告した。睡眠時間は少ないながらも、長谷川は「50歳まで仕事がなくて、これまで寝すぎていたので、これから帳尻が合うのかな」とまだまだパワフルに働くつもり。司会の麒麟・川島明から「ワインのような人生ですね」とツッコまれた。

 一方、昨年の大会で錦鯉に敗れたコンビたちは再挑戦に向けてネタ作りに励んでいる。最終決戦まで進出したオズワルドの畠中悠は「昨年の2本目の記憶がまったくなくて。1本目はすごく受けた記憶はあるんですけど」とその喪失感の大きさを語り、伊藤俊介も「録画したのを何回見直してもあそこだけ記憶がないんです。編集されてる」もボケながら振り返った。同じく最終決戦で錦鯉に敗れたインディアンスのきむは「M―1の戦い方が分かってきたので、今年は必ず優勝できるんじゃないか」と強気に話した。

 会見では長谷川が結婚に言及。5年前から付き合っている彼女がいるが「まだ7回しか実際に会ってない。最後に会ったのが3年前。M―1優勝してからも会っていません」と明かした。その状況ながら「できたら今年ゴールインしたい。これから話を詰めていければ」と前向きな結婚宣言。渡辺から「2年前から言ってるんですよ。何も詰まってない」とツッコんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月29日のニュース