×

「日本沈没」ニッチェ近藤くみこ 地上波ドラマ初出演!松ケンに褒められ「あ~好き~」

[ 2021年11月27日 14:00 ]

28日に放送される日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」第7話にゲスト出演する(左から)ニッチェ・近藤くみこ、パトリック・ハーラン、ナタリー・エモンズ(C)TBS
Photo By 提供写真

 お笑いコンビ「ニッチェ」の近藤くみこ(38)が28日に放送されるTBS日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」(日曜後9・00)第7話にゲスト出演することが27日、発表された。今回が地上波ドラマ初出演。生島自動車の女性秘書役を演じる。相方・江上敬子(37)とともに日本映画学校(現・日本映画大学)出身で、もともと女優志望。映画「犬猿」などで存在感を示す相方に続く。

 俳優の小栗旬(38)が2010年10月期「獣医ドリトル」以来11年ぶりに同局の看板枠・日曜劇場に主演。1973年に刊行された小松左京による不朽の同名名作SF小説を原作に、当時も扱われた題材「環境問題」を2021年バージョンとして鮮明に描く。原作に大きくアレンジを加え、舞台は2023年の東京。国家の危機に瀕してなお、一筋の希望の光を見いだそうとひた走る究極の人間ドラマがオリジナルのキャラクター&ストーリーとして展開される。

 第7話は、田所博士(香川照之)が連行されると同時に、国家機密として扱われていた日本沈没も里城副総理(石橋蓮司)主導の下、葬られようとしていた。天海(小栗)が頼みの綱としていたジェンキンス教授(モーリー・ロバートソン)も日本沈没を否定。天海は窮地に追い込まれる。そして、ついに移民計画をめぐって世界との駆け引きが始まる…という展開。

 ▼近藤くみこ 私にとって初めてのドラマ出演です!しかも日曜劇場。「え?私で大丈夫ですか?」と誰に聞いていいかも分からず本番当日。楽屋に入ると大物俳優さんばかり。感じたことのない空気に飲み込まれながらリハーサルをトンチンカンに過ごし、何とか本番を撮り終えた私に松山ケンイチさんが「完璧でしたね!」と声を掛けてくれたんです。もちろん心の中で「あ~好き~」と呟きました。すいません。「日本沈没」は今一度、環境問題を考えるきっかけをくれるドラマです!第7話、是非ご覧ください!

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年11月27日のニュース