ナイツ塙 副会長務める漫才協会、コンビ解散相次ぎルール変更「個人的な理由で解散はダメみたいな」

[ 2021年11月27日 22:39 ]

ナイツ・塙宣之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナイツ」塙宣之(43)が27日放送の日本テレビ「1億3000万人のSHOWチャンネル」(土曜後9・00)に出演。副会長を務める「漫才協会」にまつわる悩みとルールを語った。

 主に東京で活動する漫才師が加盟する「漫才協会」。現在は198人が所属し、メンバーは東京・浅草東洋館を主戦場に活躍している。塙は同協会に対する悩みがあるといい、「師匠たちが次々と(コンビを)熟年解散していくんです」と打ち明けた。「いっぱいいるんですけど、このコンビが一番ショックでした。大瀬ゆめじ・うたじ師匠」と紹介。「40年やって解散した理由が『方向性が違う』って言って…」と、こぼした。

 このトークに、漫才協会所属のお笑いコンビ「U字工事」福田薫(43)は「そういうの(解散)が相次いで、ルールが厳しくなりましたよね。死別以外はピンを認めないとか」とコメント。「本当に本当に」と応じた塙は、「個人的な理由で解散はダメですよみたいな」と内容に触れ、苦笑いしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月27日のニュース