×

ずん飯尾 若手時代は“崖っぷち”味わうも…中居正広「危機感がないんだよな」「全然悲しくない」

[ 2021年11月27日 13:34 ]

中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(49)が26日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)に出演。ゲストのお笑いコンビ「ずん」飯尾和樹(52)の半生に「危機感がないんだよな」と痛烈にツッコむ場面があった。

 飯尾は現在はレギュラー8本、CM6社、2020年にはブレーク俳優3位にまで入るなど、大ブレーク中。それでも、40歳までアルバイト生活をするなど、遅咲き。番組では、そんな飯尾の芸人人生を振り返った。

 1990年に現在の事務所、浅井企画に入所。同日入所だったウド鈴木(51)は1991年に天野ひろゆき(51)と「キャイーン」を結成。飯尾も同年、小学校の幼なじみと「チャマーず」を結成したが、1年で解散。翌92年に後輩芸人と「La.おかき」を結成も、97年には解散。2000年に現在の相方、やす(52)と「ずん」を結成するまではピン芸人として活動した。

 3LDKの2階建て一軒家での一人暮らしなど、売れない芸人にしては恵まれた生活を送っていた飯尾。その家に集まった後輩芸人たちと、ネタも書かず、働かないで朝から晩までゲームをしたりする日々を送っていたことも明かされた。

 飯尾が「30歳になった時に一瞬潮時だと思いました」ともらすと、中居は「遅いよ、もう。飯尾君、遅いよ。30歳になって急に考え始めちゃって」とツッコミ。さらにつらかったはずの20代について中居は「危機感がないんだよな、崖っぷちのはずなのよ」と語り、「今まで金スマ出てくれた芸人さんで、(VTRを)見てると『いや~つらいよな~』『それはかわいそうだよな、同期からこんなこと言われて』『これは心折れるな』とか、ちょっと感情が持っていかれるんだけど、全然悲しくないんだよね」と言い放った。

 お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二(45)も「同情するところは1個もない。全部自分が悪いんだから」と同調した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年11月27日のニュース