×

「日本沈没」パックン歓喜“映画俳優&在日米大使”2つの夢が同時に叶う!小松左京の短編小説翻訳の縁も

[ 2021年11月27日 14:00 ]

28日に放送される日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」第7話にゲスト出演する(左から)ニッチェ・近藤くみこ、パトリック・ハーラン、ナタリー・エモンズ(C)TBS
Photo By 提供写真

 お笑いコンビ「パックンマックン」のパックンことパトリック・ハーラン(51)が28日に放送されるTBS日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」(日曜後9・00)第7話にゲスト出演することが27日、発表された。ロバート駐日米国大使役で、日本国民の移民計画の命運を握るキーパーソン。「子どもの頃の夢は映画俳優になること。最近の夢は在日米大使になること。その2つの夢が同時に叶った!」と歓喜している。

 俳優の小栗旬(38)が2010年10月期「獣医ドリトル」以来11年ぶりに同局の看板枠・日曜劇場に主演。1973年に刊行された小松左京による不朽の同名名作SF小説を原作に、当時も扱われた題材「環境問題」を2021年バージョンとして鮮明に描く。原作に大きくアレンジを加え、舞台は2023年の東京。国家の危機に瀕してなお、一筋の希望の光を見いだそうとひた走る究極の人間ドラマがオリジナルのキャラクター&ストーリーとして展開される。

 第7話は、田所博士(香川照之)が連行されると同時に、国家機密として扱われていた日本沈没も里城副総理(石橋蓮司)主導の下、葬られようとしていた。天海(小栗)が頼みの綱としていたジェンキンス教授(モーリー・ロバートソン)も日本沈没を否定。天海は窮地に追い込まれる。そして、ついに移民計画をめぐって世界との駆け引きが始まる…という展開。

 ▼パトリック・ハーラン 子どもの頃の夢は映画俳優になること。最近の夢は在日米大使になること。その2つの夢が同時に叶った!本作の出演オファーを頂いた時、そう喜びました。その上、小松左京さんの短編小説を翻訳したこともある僕は、日本のSF史に燦然と輝く金字塔である原作も大好きだったため、喜びもひとしお。現場で仲村トオルさんや松山ケンイチさんの渾身の演技に圧倒されました。皆さんもその迫力を、傑作のストーリーとともに、自分の目でご堪能ください!

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年11月27日のニュース