小栗旬、酔っぱらった勢いであの人気俳優にウザ絡み 翌日に妻から忠告「謝った方がいいよ」

[ 2020年10月30日 20:03 ]

俳優の小栗旬
Photo By スポニチ

 俳優の小栗旬(37)が30日放送のTBS「ぴったんこカン・カンSP」(金曜後7・00)に出演。酔っぱらった勢いで、あの人気俳優にウザ絡みしたときのことを反省する場面があった。

 小栗は「サッカーの日本代表を家で観ようと思って」といい、飲み会を企画。18年に行われたW杯のポーランド戦を観戦したそうで「その日のサッカーがパス回しで繋いだ試合だったんです。僕は、そのことにすごく憤慨したんです」と振り返る。

 「ものすごく熱くなってムロ(ツヨシ)さんと本気の喧嘩になったんです。その怒りを僕は星野(源)さんにぶつけたみたいで…」というと、当の本人の星野は「僕が入った時にはすでにお怒りになられていて。帰ろうかなと思っていたら『いや、源さんさあ!』みたいになって。俺に対しての絡みが始まった感じですね」と説明した。

 小栗は、酒席だったこともあり「ちょっと覚えてなくて。次の日、妻に『あれは本当に謝った方がいいよ』って。『ああ、やっちまったんだな本当に…』」と激しく後悔したという。

 小栗から投げかけられた言葉について、星野は「音楽とお芝居をずっとやってるのを『うらやましい!ずるい!』って嫉妬的なのが多かったですね」と話す。小栗は「僕は、嫉妬は凄いので。星野源さんと菅田将暉さんに関しては、音楽もやっていてすごいなって。その2人の才能を奪いたい!」と目をギラつかせながら語り、星野を笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月30日のニュース