スカーレット・ヨハンソンがハーバード大出身のコメディアンと挙式 慈善団体が29日に公表

[ 2020年10月30日 14:32 ]

コリン・ジョスト(左)と結婚したスカーレット・ヨハンソン(AP)

 「真珠の耳飾りの女」や「ロスト・イン・トランスレーション」などで人気を博した女優のスカーレット・ヨハンソン(34)が、昨年5月に婚約していたハーバード大出身のコメディアン兼放送作家、コリン・ジョスト(38)と新型コロナウイルスへの感染防止対策を施した上で結婚式を挙げたことが29日に明らかになった。

 2人が活動を支援している高齢者のための慈善団体「ミールズ・オン・ホイールズ」がインスタグラムでその事実を公表したもので、ヨハンソンは3度目、ジョストは初婚となる。

 ヨハンソンは2008年にカナダ出身の俳優、ライアン・レイノルズ(44)と結婚したが11年に離婚。14年にフランス出身のジャーナリスト、ロマン・ドリアック氏(38)と2度目の結婚を果たして長女をもうけたが17年に再び離婚していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月30日のニュース