藤井2冠の師匠・杉本八段の解説 リーグ4戦目、やっと「らしさ」出せた

[ 2020年10月30日 05:30 ]

王将戦挑戦者決定リーグ

杉本昌隆八段
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負(来年1月開幕予定)で渡辺明王将(36)の対戦者を決める挑戦者決定リーグは29日、東京都渋谷区の将棋会館で2局を行い、藤井聡太2冠(18)は佐藤天彦九段(32)を118手で下しリーグ初勝利を挙げた。

 藤井―佐藤戦を藤井の師匠・杉本昌隆八段(51)が解説した。意表を突く佐藤の中飛車だったが、振り飛車党の自身との練習将棋で「不慣れではなかった」と分析。残り2局、「最後まで全力を尽くすのが棋士の責務」と3勝3敗の指し分けを期待した。 (構成・筒崎 嘉一)

 印象的だったのが86手目△7七銀(A図)です。王から遠い角と金を相手にする、プロが嫌う手。例えば△8八角成▲同金△7九角で7八の金を反対方向へ遊ばせる選択もありますが、△7七銀はと金攻めに期待しました。

 「らしさ」が見えました。一見効率は悪そう。でも先入観を持たずに指せるのが持ち味。少年時代からそうで、どちらかといえば得意な手でした。

 意表は突かれたでしょうが、昔からよくやった戦型でもありました。私とだけでも10局は指した。スケールの大きな指し回しで緩急自在に勝つ、藤井2冠の良さが出た将棋でした。

 残留へ大きな1勝です。開幕3連敗はちょっと不出来と感じていました。一つの棋戦でこれだけ負けるのは生涯初かもしれない。夏場のタイトル戦の疲れなのか。いい頃に比べると決めきれない、「らしくない」将棋が続いていました。

 「星勘定しても仕方ないんで」と話していました。2冠ですから、師匠としても初日が出てホッとしました。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月30日のニュース