羽生九段、広瀬八段に完勝 リーグ3連勝で挑戦者争いのトップ

[ 2020年10月30日 05:30 ]

王将戦挑戦者決定リーグ

盤面を凝視する羽生善治九段
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負(来年1月開幕予定)で渡辺明王将(36)の対戦者を決める挑戦者決定リーグは29日、東京都渋谷区の将棋会館で2局を行い、藤井聡太2冠(18)は佐藤天彦九段(32)を118手で下しリーグ初勝利を挙げた。

 羽生善治九段(50)―広瀬章人八段(33)戦は羽生が83手で快勝し、開幕3連勝。豊島将之竜王(30)=叡王との2冠=、永瀬王座と並んで挑戦者争いでトップに立った。

 序盤から大駒が飛び交う激しい空中戦となったが、終わってみれば先にリズムをつかんでの完勝だった。リーグ戦での好調の理由を「大変な人ばかりなので厳しい対局が続くというつもりでやっていますが、それが良い方向に向かっているのかも」と分析。全勝対決となる来月3日の永瀬戦に向けて「次もすぐにあるのでまた引き続き全力で頑張っていきたい」と気を引き締めた。

 一方、1勝2敗となった広瀬は「実力が出てしまった。(挑戦者は)さすがに厳しそうなので残留を目指して頑張りたい」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月30日のニュース